電話占い 恋愛

電話占い

月のパワー

月のムーンパワーは、昔から占いや呪術、おまじないなどに使われ、現在も多くのセラピストやカウンセラーも利用している方法です。ここでは月を上手く使いこなす方法を解説します。

月は人の思念を吸収し続けている

月は地球の衛星なので、地球から最も近い位置にあり、明るく肉眼でも見やすく、いつでも観察できることが特徴です。よって昔から人々は月へ思念を送ったり、月に特別な意味づけをしてきました。

月はこれまで生きてきた人類の思念を一番多く吸収している天体です。一度月の中に吸収された人の思念は、また地球に戻ってきます。月は良い思念も悪い思念も持っているため、月は良い作用をもたらすこともあれば、呪術などの呪いなどに使われることもあります。また私たちの精神状況に良くも悪くも影響を与えます。

ちなみに太陽も明るく常に観察できる主系列星ですが、太陽は燃えるパワーが強いことから、人の思念も燃やしてしまいます。なので太陽は人の精神状況にそこまで影響を与えないといわれています。

月は人のイメージを膨らませる

月の中には人間の思念がたくさん詰め込まれています。これにより、地球から月に対して何か思念を送ると、月の中から、自分と同調した思念が返ってきます。良い思念を送れば月から良いパワーが得られ、悪い思念を送ると月からさらに悪い波動が降り注ぎます。

この反射の効果を使い、現在の自分の気持ちやイメージしていることを増幅させることができます。 具体的には以下のような例があります。

月が状況を悪化させる
沈んだ気持ちで月を眺めていると、月は同じように沈んだ思念を送ってくるので、さらに深い闇ばかりに目がつくようになる。
月が状況を良くしてくれる
たとえ自分の気持ちが沈んでいても、よりよい未来を月に向かってイメージすれば、 月は良い未来の思念を送ってくるため、現実世界もだんだん良くなっていく。
月が余計に片思いにさせる
片思いの相手に恋い焦がれその想いで月を眺めていると、 月は同じように片思いの思念を送ってくるため、現実世界でもさらに片思いが加速してしまう。片思いのまま終わってしまうケースが多い。
月が両想いにさせてくれる
月を眺めながら片思いの相手とデートをしたり仲の良い場面をイメージすると、月も同じように仲の良いイメージを送ってくるため、現実世界で本当に両想いになれる。

上記のケースからわかるように、月は人のイメージをそのまま返してきます。正しい思念を送れば良い方向へ向かいますが、間違った思念を送ると悪い方向へいってしまうので注意が必要です。 間違った思念を送らないためのポイントは、願い事を心で唱えるのではなく、具体的にどうなりたいか未来をイメージするとよいでしょう。

満月から3日間に願いが叶う

月のパワーは新月から始まり、下弦、満月と徐々に力が強まります。その後、満月から3日間くらいが最強のパワーです。この3日間は毎晩自分の願いをイメージし続けると良いでしょう。その後、満月から下弦となるにつれて徐々にパワーが弱まっていき、次の新月への準備が始まります。

いかがでしたか?
月のムーンパワー、ぜひ試してみてください!


リンク:よく当たる無料占いサイト「恋愛と人間関係」

電話占い 更新情報・お知らせ

2015/06/10
占い師の募集
2015/07/00
ホームページ更新
2015/08/00
ホームページ更新
2015/09/00
ホームページ更新
2015/10/00
ホームページ更新
キーワード
電話占い 庵心の検索キーワードはこちらが出やすくなっています⇒電話占い|占い 電話|東京 占い 電話|占い 電話 仕事|占い 電話 人気|占い 電話 評判|占い 電話 安い|占い 電話 結婚問題|占い電話相談|占い 電話 相談|占い 電話 恋愛|電話占い 仕事|電話占い 恋愛|電話占い 安い

縁結びのパワースポット-東京大神宮

電話占い 庵心 ご利用法